★ 天文学と社会を繋ぐ職種の人材公募情報 v1.00
■ ID:2017122801の求人情報に関して、登録されている情報は以下の通りです。

公募締切日:2018/2/2(金)
公募元:東京大学
勤務先施設名:宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設
公募職種:特任専門職員
関連URL:http://www.icrr.u-tokyo.ac.jp/2017/12/22175120.html
公募内容:神岡宇宙素粒子研究施設では、スーパーカミオカンデを用いたニュートリノ研究、暗黒物質探索実験、ハイパーカミオカンデ開発研究など、宇宙と素粒子に関連する研究を行っています。本研究施設には、年間約3000人の見学者が訪れ、一般の方々からも高い関心が寄せられています。また、サイエンスカフェなどとともに、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)企画にも協力し、若い世代に神岡施設見学や研究の解説等も行っています。今回、施設の研究活動を理解し、広報活動の企画・運営を行う特任専門職員を募集します。

1.業務
研究施設パンフレットなど施設刊行物、各種展示物、講演会等の企画・立案、施設ホームページ等による研究成果・研究活動広報のための原稿執筆(和文、英文)、など広報に関連する活動の企画・運営。
2.勤務地神岡宇宙素粒子研究施設(岐阜県飛騨市)
3.雇用予定人員1名
4.応募資格神岡宇宙素粒子研究施設の行う研究に基礎的な知識を有し、研究の広報
全般に意欲のある方。英語の作文能力があることが望ましい。
5.雇用時期平成30年4月1日以後のなるべく早い時期。
6.雇用期間任期は3年とします。
7.勤務形態1日7時間45分、週38時間45分勤務(月〜金)
8.待遇「東京大学特定有期雇用教職員の就業に関する規程」に定める特任専門職員とします。給与は「東京大学年俸制給与の適用に関する規程」と今までの広報関係の経験に基づき、月額300,000円から月額500,000円の間で経歴により決定し、業績・成果手当が別途支給される場合があります。その他、通勤手当、超過勤務手当等を支給します。保険は文部科学省共済組合に加入します。
9.選考選考委員会による書類選考(第一次審査)を行い、最終選考は、面接によります。
10.応募締切平成30年2月2日(金)17時必着
11.応募書類以下(1)から(3)までの書類を、件名を「特任専門職員(広報)応募書類在
中」としてEメールに添付(電子ファイル)で提出してください。Eメールによる提出に対しては、受信した旨の返信をいたしますので、必ず当方からの返信の有無を確認してください。
(1)履歴書(本学様式をhttp://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.htmlからダウンロードの上、作成のこと。電子メールアドレス、職歴及び所有資格を必ず記入のこと。博士や修士の学位を持っている場合には記載のこと。)
(2)
これまで、研究などに携わったことがある場合には研究歴、ない場合には、これまでの経歴・職歴の内で、特にアピールしたい事(図等を含めてよい)(いずれもA4版で2ページ以内)
(3)広報活動に関する抱負(A4版で1ページ以内)
12.その他「東京大学男女共同参画加速のための宣言」に基づき、女性の応募を歓迎します。
13.送付先Eメールapplication_at_icrr.u-tokyo.ac.jp
(メールを送信する際は_at_を@に直してください)
14.問い合わせ先神岡宇宙素粒子研究施設長中畑雅行
電話0578-85-9603
Eメールnakahata_at_icrr.u-tokyo.ac.jp
(メールを送信する際は_at_を@に直してください)
登録者氏名:管理人

公募情報のページにもどる